工作初心者がアケコンの天板を交換する ~天板用画像加工編~

なんだかんだ言いながら、次のパーツが届くまでに時間があったので、試しに画像をレイヤー加工してみました。
どうせなんで、今回はそのやり方をレポートしていきたいと思います。
思ってたよりも意外に簡単?だったので、せっかくならちゃんとやりたい!って方の参考になればいいなぁ。




というわけで、天板に使う画像を加工する方法です。
レイヤー加工をしておくことで、カット作業を楽にして、さらに天板用の画像の縮尺も調整することができます。



今回の作業をしておくことで、より自分のイメージ通りの出来上がりにすることができますね。



んなもん面倒くせえ!A3で印刷して、あとからカットするときに調整すりゃいいんだよ!
って方は読み飛ばして貰ってかまいません。



実際、私が最初に作ったやつは、単純に印刷して紙を天板に合わせてカットしただけのものです


CGGcldHUgAEbmhR.jpg


これでも意外にどうにかなるものですね。
なので、今回の作業は必須ではありません。
また、フォトショップとかで画像編集し慣れている人にも説明は不要でしょう。



あくまで
「カット作業を楽にしたい」
「完成前にイメージを固めたい」
「せっかくだからデザインのサイズや配置にこだわりたい」
「でもよくワカンネ」
という人向けです。



それでは参りましょう!

まずレイヤー加工するためのツールを準備します。
私は「GIMP」というフリーツールを使いました。


リンク先を参考にダウンロード、インストールしてください。




インストールが終わったら起動してください。
そのままだと使いづらいので、「シングルウィンドウモード」に設定しましょう。詳細はリンク先参照。



ではまず、RAP用のテンプレートの画像を開きます。
このRAP用テンプレートを先に開いて作業に入ることで、ピクセルサイズが印刷したときに丁度いい感じになります。



「ファイル」→「開く/インポート」からファイルを選択して下さい。
ファイルを開くとこのようになります。
GIMP 説明.png



主に使う箇所に赤い丸と番号をふりました。ちょっと小さいので見づらいかもしれませんが、、、
該当箇所を使用する場合、しるした場所のアイコンを左クリックします。


順番に説明していきます。
1:[ズーム]表示倍率を変更します。画像を左クリックで拡大か縮小することができます。(左下のウィンドウで変更)
作業ごとに任意で見やすい大きさに調整してください。


2:[移動]画像の位置を移動させるときに使います。左クリックでD&Dすれば移動できます。


3:[拡大・縮小]画像のサイズを変更するときに使います。


4:[消しゴム]消しゴムです。左クリックで消せるようになります。
ボタン内に画像を入れる予定の場合、ボタン穴の中心にある十字の目打ちを消しておきましょう。


5:[レイヤー]レイヤータブです。存在するレイヤーを表示します。
下の赤丸の位置にレイヤーが表示され、上に配置されている順に優先されます。
RAP用テンプレートのレイヤーが一番上にくるようにしましょう。上下の位置はD&Dで変更可能です。


さて、使い方が分かったところで、編集していきます。
まずは透明処理の設定をしていきます。
GIMPで背景を透過する方法(アルファチャンネルを追加)
こちらを参考に設定してください。



「2. 決まった色を透過する方法」まで作業を行います。
説明されている内容と同じく、白色を透明に変更して下さい。
透明処理後.png
このようになりますね。




次に、消しゴムで十字部分を消していきます。
レバー穴のところはそのままで構いません。
十字消去後.png



消し終わったら、次にデザイン画をここに重ねていきます。
「ファイル」→「レイヤーとして開く」を選択し、使いたい画像を選んでください。
画像追加.png
画像が追加されました。



まずはレイヤーの優先度を変更しておきましょう。
配置変更後.png
切り取り用の線が上にきましたね。



次に、画像をリサイズしていきます。
[拡大・縮小]をクリックして、画像の上で左クリックしましょう。
リサイズ.png
鎖アイコン(中央赤丸部分)をクリックしておくと、縦横比が固定されるのでオススメです。
サイズの変更は、画像の角(赤丸部分)を左クリックでD&Dしてもいいですし、パラメータの上下矢印をクリックしても変更できます。
編集後に、拡大縮小ボタンをクリックして完了です。

リサイズが終わったら[移動]を使って動かしましょう。
この作業を繰り返して、納得のいく配置になるまで編集をしてください。



完成.png
大体こんな感じですかね。



編集が終わったら、画像ファイルとしてエクスポートしましょう。
「ファイル」→「名前をつけてエクスポート」を選択します。
エクスポート.png




その後「ファイル形式の選択」をクリックします。
ファイルエクスポート.png


そうすると、ファイル形式が一覧で表示されるので、「JPEG 画像」を選択し、エクスポートをクリックしましょう。
jpg.png



画質設定のウィンドウが開くので、まず「画像ウィンドウでプレビュー」にチェックを入れます。
すると出力されるファイルサイズを確認することができるようになります。
ここで、ネットプリントに使用可能なファイルサイズ(4MB以下)に収まるように設定し、エクスポートをクリックします。
エクスポート手前.png


これでJPEGファイルで編集した画像が出力されましたので、ネットプリントに登録して使ってください。


次は、いよいよ、本当に、マジでカット作業に入ります、ほんと。