工作初心者がアケコンの天板を交換する ~天板加工編~

まずはPS板をカットしていきます。
DSC_0068.JPG


PS板の保護シートを片面だけ外しておきましょう。
ここで保護シートを外しておかないと、カットする時にかなり邪魔になります。
地味だけど重要です。
なお、表面(カットする面側)の保護シートはそのままで大丈夫です。
DSC_0069.JPG



保護シートを外した面側から、印刷した「RAP用テンプレート」をマスキングテープで固定します。
DSC_0071.JPG



しっかりと固定したら、カット作業に入ります。

まずはサークルカッターを使い、各取り付け穴を丸く切り抜くための傷跡を付けましょう。

テンプレートの線に合わせてサークルカッターを調整します。
DSC_0072.JPG


長さを調整できたら、サークルカッターを何度か回転させて傷跡をつけるようにします。
ここで切り抜く箇所の保護シートを外しましょう。


そのままサークルカッターで板を切り抜けると楽なのですが、かなり切りにくい上に時間もかかるし手も疲れるしガタガタになるしで良いことがありません。


サークルカッターはあくまで「切り抜くためのガイドライン」をつけるものと思って使いましょう。


丸い切り跡をつけたら、ここからはデザインナイフを使います。

まずは一旦、円の内側をおおまかに切り抜きます。


このときデザインナイフは、板に対して直角に(上からまっすぐ)差し込もうとすると、歪みが出来る原因にもなりますし、なにより切りにくいです。


なので、ナイフの刃を寝かせて、板に対して斜め45度くらいの角度をつけながら、差し込んでいくと切りやすくなります。
DSC_0073.JPG


デザインナイフはペンのように持ち、人差し指と親指のちから加減で切っていきます。
タテにギコギコとやって切るのではなく、あくまで斜めに使うように意識して、滑らせるように切ると切りやすいですね。


怪我をしないように十分に注意しながら作業してください。



だいたいこのくらい切れれば十分ですね。
DSC_0076.JPG


実際、もっと小さい穴でも問題ありません。


切り抜いたあとは、先につけてあった「丸い切り跡」にそって切って調整していきます。
DSC_0074.JPG

前段階でしっかりと切り跡を付けてあれば、それにそって刃を入れていくだけでいいので、軽い力で切れるとおもいます。
このとき、多少なら切り過ぎてしまってもなんら問題はありません。ボタンをハメればほとんどの場合隠れますし、むしろキツいとボタンがハマらない原因にもなります。
1mmくらいは余裕があるかな?

また逆に、切り足りないようであっても、あとから調整できるのでこちらも問題ありません。



丸い部分を全て切り終わったら、次は天板の外周部分をきりはずします。
DSC_0077.JPG


直線部分のカットにはPカッターを使います。



切り取る際は、テンプレートのラインよりも、ほんの気持ちだけ小さめに切るようにするといいかな、と思います。
実線の内側を切るようなイメージですね。
私は最初、カットしたあとにすこ~しだけ大きかったので調整しましたが、天板の外周部分はかなり微調整しずらいです。
多少なら小さくても差し支えはないですが、大きめやピッタリサイズすぎると、ネジ止め時やボタンをハメ込んだ後に大きくたわむ原因にもなります。

DSC_0079.JPG



外周の切り取りの際は、ちゃんとコーナー部分も今のうちに切っておきましょう。
DSC_0078.JPG


私も最初は「後から適当に切っても大丈夫だろ」と思い、テンプレートを外したあとにフリーハンドで調整しましたが、切りにくいし何より雑になりますw



外周の切り取りが終わったら、一度天板部分へ載せてサイズがあっているかの確認をしましょう。
DSC_0081.JPG



※19/2/20追記 重要!!!※
ここから先のネジ穴用の加工は必須ではありません。
実際、クリアパネルはボタンで鉄板部に固定されるため、ネジ留めしなくても動くことはないですし、穴をネジで留めると「たわみ」の原因にもなります。
あくまでどうしても固定したい人向けの加工ですのでご注意ください。



問題ないようでしたら、そのままネジを入れる部分への穴あけをします。

下に見えるネジ穴の場所を確認しながら、作業します。
千枚通しのようなものをつかうか、サークルカッターの針の部分を使って穴をあけましょう。
DSC_0082.JPG


穴をあけたら、その上からピンバイスを使い、3.2mmサイズのドリルで穴を大きくします。
DSC_0084.JPG




ネジ穴を空けて、天板を止めることができるようになりましたね。
DSC_0085.JPG


ピンバイス等を持ってない場合、用意したタッピングネジを直接ねじ込んでも止めることは出来そうです。
ただ、板が白く濁らないかが心配ですね・・・



ここまで進んだら、ネジで本体にPS板を固定しましょう。
DSC_0087.JPG




この時点で、各穴がRAP本体側の穴と比べて小さいようなら本体側の穴に合わせて微調整するとよいでしょう。

本体側の穴に対してギリギリだと、ボタンを入れるときにかなりキツくなるので、ここでもほんのすこし大きめを意識して調整するとボタンをスムーズに入れられますね。


このまま一気に最後までいこうかとおもいましたが、長くなったので今回はこのへんで。
とりあえずこれで天板の作成が完了しました。

次回は、中に入れるデザインをカットしていきます。
自分なりの注意点とかもあるので、その辺に触れながらやってきます。
あと、クリアボタンのバラし方もやります。

おせっかいかもしれませんが、実際もうちょっと説明してよ、って思う部分が自分としては多かったので、いちいち説明していきます。そのせいで長くなってますが・・・w


ではまた次回~