個人的ゲーミングチェア使用レビュー その2 ~DXRacer【DXR-BKN (ブラック)】フォーミュラシリーズ (スタンダードモデル/ファブリック仕様)~

DXR-BKN-sumL.jpgこんにちは、輝Rockです。

前回に引き続き、個人的に使っていたゲーミングチェアの使い終わり後レビューをしていきます。

今回はDXRacer製の【DXR-BKN (ブラック)】フォーミュラシリーズ (スタンダードモデル/ファブリック仕様)についてです。

それでは参りましょう~

今回レビューする商品

DXRacer【DXR-BKN (ブラック)】フォーミュラシリーズ (スタンダードモデル/ファブリック仕様)
公式HP(https://dxracer.jp/SHOP/9109.html


1台目に使っていた「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2 GREY 灰」(以下、1台目)の座面合皮がボロボロになってきたため(詳細は前回記事参照)、乗り換えたのがこのDXRacer「DXRacer【DXR-BKN (ブラック)】フォーミュラシリーズ (スタンダードモデル/ファブリック仕様)」 (以下、2台目)です。

まず前提として、価格面での比較をしておきます。どちらも現在(21/2/13時点)のAmazonのでの税込み価格を参考にします。

1台目 「AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2 GREY 灰」 価格:¥54,321

2台目 「DXRacer【DXR-BKN (ブラック)】フォーミュラシリーズ (スタンダードモデル/ファブリック仕様)」 価格: ¥29,800


おおよそ1.5k円の差があります。
ここからは価格差も踏まえた上で読んでいただけると、価格と性能対比としても参考になるかなと思っています。


良かったところ


▼ファブリック生地で吸湿性がある
1台目は合皮だったので、ファブリック生地と比べると長時間座り続けたときのムレは多少ありました。
また、合皮だと人肌に触れて汗等によって私の場合と同じように経年劣化によって剥がれてくるのはありますが、ファブリック生地であればその点は心配無用です。

ただ、ムレについては使い方次第な部分も大きそうです。
トランクス一丁で座りたいぜ!って人の場合は、1台目だと自分の脚裏が直接合皮に触れるため夏場は多少気になった記憶があります。



気になったところ


▼臭いの定着
ファブリック生地は吸湿してくれるというメリットもありますが、長時間使い続けることによって汗や皮脂汚れもつきやすいように思いました。
丸一日座っている日が続くと、使用して1~2年あたりで少し臭いが気になるタイミングがありました。
ファブリーズとかを使ってケアしましたが、合皮との差異はこういうところにも出るのかな?と気になったところです。


▼アームレストの機能が弱い
アームレストは上下の移動のみ。
肘を置く部分も狭く、硬い印象でした。(指で押してもヘコむので、プラスチックというわけではないけど、柔らかさは感じない素材)

1台目のレビューで書いたように、ゲーミングチェアにおけるアームレスト機能は結構お気に入りの部分でした。
そのため、ちょっとガッカリ感がありました。
また、上下位置しか変えられないので、アケコンを使うときに一番下まで下げてもまっすぐなままのアームレストに多少窮屈さを感じました。

気まぐれに音ゲーをやろうとしたときも、beatmaniaⅡDXのアケコンはちょっと気になるけどまぁ支障ないかなという感じ。


▼キャスターがカーペットに不向きだった?
基本的にカーペットの上でゲーミングチェアを使っていますが、この椅子は移動させるのがあまりスムーズでないように感じました。
多分、カーペット向きのキャスターではなかったんだと思います。もしくはカーペットが 適してないタイプだったのかも。

前回書いたように、私がゲーミングチェアを使っている環境としては、カーペットの際を行ったり来たりするような位置で使っています。
そのせいもあってか、2台目は、カーペットの端っこに引っかかってめくれてしまうこともしばしばありました。
1台目ではそんなこと気にもしなかったので、ここまで性能差で感じ方は変わるもんなんだなと正直驚きました。

キャスターの性能については、事前に本番環境で試せなかったり情報も少ない部分ですが、快適さに直結するため実際かなり大事だと感じました。
ゲーミングチェアを吟味するときにはメーカーや店員さんに根掘り葉掘り聞いてからのほうが良いと思います。

▼リクライニング角度が浅い
Ⅰ台目は最大180°までリクライニングしましたが、この2台目は150°までのリクライニングです。
一瞬横になる、仮眠する、みたいな使い方をしようと思うとちょっと浅いです。
ちなみに、ロッキング機能があったようですが結局利点を見いだせなかったためほとんど使いませんでした。
この辺は自分の体験を増やす意味で、もう少し使い込んでみればよかったなと後悔しています。


▼クッションのヘタリが早かった?
私が2台目を買い替えた理由はここでした。

私は現状、家で仕事するときもゲームするときも同じ椅子に座りっぱなしです。
ほぼ毎日、長時間座り続けているような感じです。
そんなペースでしばらく使っていると、徐々に長時間の着座だとお尻の痛みを感じるようになりました。
大体1~2年くらい?1台目と比べると快適に使用できた期間は短く感じました。

私の体重は現在95kg前後です。結構重いので「原因はテメェの体重のせいだろ!?」と言われても仕方ない感じです。

その後もしばらくは、座面に敷くクッションシートのようなものを使って誤魔化してましたが、それもあまり効果なくむしろムレたり邪魔だったりと煩わしさばかりが目立つようになってきました。

いい加減、お尻が痛くなるのはもう嫌だ!ということで買い替えを決心しました。


DXRacer【DXR-BKN (ブラック)】フォーミュラシリーズ (スタンダードモデル/ファブリック仕様) まとめ

・ゲーミングチェアとして標準的な価格帯
・機能面で充実しているとは言えないが、スターターモデルとしては平均的な性能
・細かいパーツや機能面については、向き不向きがあるので購入前に要確認
・耐用年数は約2年くらいだった。(前提としてかなりハードに使っていた)


個人的には、ファブリック生地のゲーミングチェアを自宅で長時間使うのは初めてだったので、違いやメリット・デメリットを身を持って体験できていい経験だったなと感じました。
あと、ゲーミングチェア選びにおいて、自分が気に入っている機能は優先するべきなんだなというのを痛感しました。
私はアームレストが大好きなので、3台目を吟味するときに重点的にチェックしました。


なお、1台目も2台目も共通して言えるのが、腰のところにあるクッション(ランバーサポートクッション?)は「付いてるから使ってみてたけど最終的にやっぱり邪魔だったな」というのが結論でした。
取り外せるけど、無くなると今度は椅子が深くなりすぎるので、足の短い私にはそれはそれで不便だったため元に戻して使いましたが、トータルで5年以上はゲーミングチェアを使っていたなかで「ランバーサポートクッション最高!」とはなりませんでした。

さて、次回レビューする予定なのは私にとって3台目のゲーミングチェアにあたる「ハーマンミラー X ロジクールG エンボディゲーミングチェア」です。
ひとまず使い初めてまだ期が浅いので、最低でも2~3ヶ月くらい使ってからレビューしようかなと思っています。

それではまた~。


この記事へのコメント